Close

催眠療法の大家、スティーブン・ギリガン博士が

世界中で開催している人気コースがついに日本開催決定!

Generative Trance

【後期】2018年3月17日(土)〜3月22日(木) 6日間

国際ジェネラティブ・チェンジ協会認定コース

【前期】2017年9月16日(土)〜9月21日(木) 6日間

前期6日・後期6日、計12日間の充実したプログラムで

ジェネラティブ・トランスの真髄をあなたのものに。

開催日程

まずはこちらのビデオメッセージをご覧ください

このページをご覧のあなたは、きっとコーチやカウンセラーとしてスキルを高め、

よりクライアントに貢献できるようになりたいと思っている方でしょう。


それなら、このワークショップはあなたのためのものです。


ここには自分をより成長させたいという方も多く参加していますが、

大多数の参加者が、コーチングやNLP、コンサルティングといった、

クライアントの手助けを行う専門職についており、

クライアントを救いたい、もっと貢献したいという気持ちをもって参加されています。


マハトマ・ガンジーは、

「あなたが見たいと思う変化に、あなた自分自身がなりなさい。」

と言いましたが、


クライアントや自分の大切な方をサポートしたり悩みから解放するためには、

まずは、自分自身で自分にそれができなければいけません。


この「ジェネラティブ・トランス」では、それが可能になります。


これは、あなた自身の深い部分に変化が起こる、

非常に実践的なワークショップです。


あなたがクライアントをの成長をサポートできるように、

あなたの能力を深くしていきます。

12日間にわたる「ジェネラティブ・トランス」とは?

【ジェネラティブ・トランス】


ビジョナリー・ドリーマー(先見の明ある夢想家)と

現実主義者との会話

ジェネラティブ・トランスは、意識が「眠らされ」、

無意識が外部からの暗示に動かされるような催眠術ではありません。


根底にある中心的な考え方は、創造的無意識の2つの世界です。


すなわち、

「ドリーマー」と「ビジョナリー」との間の会話、


そして、意識的マインドの2つの世界である

「現実主義者」と「実用主義」との間の会話

であるということです。


それぞれは互いに必要とし合い、

補完し合うものです。


ジェネラティブ・トランスは、

創造的無意識の世界と意識的マインドの世界が、

互いを超越し合い、意識の統合と構築を助けるものです。



そして、このジェネラティブトランスの「モジュール1」であなたが学ぶことは・・・


  • 人生の3つの領域の変化を創造する「ジェネラティブ・トランス」とは?

  • なぜジェネラティブ・トランスを使うのか?いつ使うのか?
    そして、どうやって使うのか?

  • ジェネラティブ・セルフ(生成的な自己)の5つの創造的原則

  • 意識的マインドと創造的無意識の基本的な強みと弱み

  • ジェネラティブ・セルフの「より高次な意識」のマインドを創造するために
    それら(強みと弱み)を一つにするための様々なテクニック

  • ジェネラティブ・トランスの4つの基本ステップ:
    準備、ステートの切り変え、変容と統合

  • ジェネラティブ・トランスの3つのマインド

  • 自我レベルからジェネラティブ(生成的)なレベルへ、
    一つ一つのマインドをシフト(移行)させる方法。
    そして、調和し、アクセスし、事を起こし、創造的無意識の
    解決指向の創造性への道をたどるには?

  • どのように、様々な分野で変化を生み出す変容モデルを使うのか?



これらは言ってみれば”原則”です。


創造的トランスワークの世界においては外すことの出来ない内容であり、

最先端の研究の一つです。


この「ジェネラティブ・トランス モジュール1」に参加することで、


あなたは自分の人生や、あなたの大切な方の人生において、

”本当は”何ができるのか、たくさんの驚くような気づきや学びを

得ることができるでしょう。

ジェネラティブトランス 前期(モジュール1)

- 2017年9月16日〜9月21日 -

ジェネラティブトランス 後期(モジュール2)

- 2018年3月17日〜3月22日 -

このアドバンスコースは、ギリガン博士の提供するコースの中で最もパワフルなものです。


なぜなら、これはエリクソン催眠を長年研究してきたギリガン博士による、

自己との関係性についてのセラピーとジェネラティブ・チェンジ・ワークの

研究の集大成だからです。


このジェネラティブトランスの「モジュール2」であなたが学ぶことを一言で言うと、


創造性をマスターするのに必要な自己同一性(セルフ・アイデンティティー)マップを

どのように作成するか


ということです。


統合され一つになったフィールドにつながること。

そして活性化されたセンターを一つにまとめつなぐこと。


これらの軸が、創造的意識のマンダラを織るのです。



このアドバンスコースで学ぶことを実践することであなたは、


ネガティブなことと自分を同一視することや、

ネガティブな行動パターンを手放すことができます。


つながりを切ってしまう「ネガティブなトランス」の状態に

いたのだと認識するでしょう。


その代わりに、本当の自分自身(存在)である、

ポジティブに目覚めた自己との協調を感じることでしょう。


最初に創造した安全な場所とポジティブな意図と自分の同一視をすることで、

変容がどのように発展させられていくのかを探求していきます。


そして、あなたという存在のすべての部分を通って流れる

「ジェネラティブ・セルフ」を開放していきます。


あなたの夢を叶えるために、創造的意識とつながり、それを活用していくために

創造的意識を引き出していくのです。



ジェネラティブ・トランスでは、

あなたが創造する現実と記憶、ボディーイメージ、

時間感覚、未来に対する感覚などを


トランス現象の流動的なプロセスになるように、

あなたのアイデンティティーのそれぞれの心理学的パターンから

開放します。


心理学的パターンとは、例えば、

年齢の後退と進行、時間の歪み、量子論、認識/身体的変化といったことです。


これは、あなたが新しいあなた自身を形作っていくための

ジェネラティブなツールとして、

あなたの中の色々な心理学的パターンを感知し、

活用することを可能にします。


あなたの顕在意識があなたを観察し、

創造的無意識の「無限の想像力」を穏やかにガイドできる、

いわば「明晰夢」のようなものを学ぶのです。


ミルトン・エリクソンは、創造的無意識を

「経験的な学問の広大な倉庫」と定義していました。


このアドバンスコースは、その「広大な倉庫」の深層構造をあなたに教え、

あなたがそれを活用できるようにしていくものです。

【アドバンス ジェネラティブ・トランス】


あなた自身のマンダラをマスターする

※モジュール2に参加できるのは、モジュール1参加者のみです

実践的だから学びが深い

デモンストレーション

ギリガン博士による講義

ワークショップでは、毎日ギリガン博士による何らかのプレゼンテーションやグループ・トランス、デモンストレーション、実践的な練習、グループ・ディスカッションやグループ・シェアが行われます。


あなたは観たり、聴いたり、自分の内側と対話したり、実践経験を積んだり、パートナーと練習をしたり、グループで統合したりして学んでいくのです。

参加にあたってのガイドライン

1.教育と自己開発であり、心理療法ではありません


このコースは、参加者が、自分自身の内なる知性や「潜在的叡智」、特にこの内なる叡智との肯定的な関係と深く、意味ある経験を得るのに役立つように意図しています。これらの経験は、教養的かつ自己開発の目的のために設計されています。このコースは、グループや個人の心理療法でも心理療法の代替を意図しているのでもありません。


もしあなたが現在、心理療法を受けているのであれば、このコースに参加することについて、ご自身のセラピストと話し合ってください。


また、もしあなたが何らかの精神治療あるいは大きな健康上の心配事をかかえているのであれば、ギリガン博士に知らせてください。そうすることで、あなたのニーズに最適なように提供されます。もちろん、そのような情報は厳重に守られます。



2.創造的スキルトレーニングであり、心理療法トレーニングではありません


このコースは心理療法を人にトレーニングするプログラムではありません。これは、あなた自身や周りの人が自身の創造的プロセスと内なる知性との健康的で豊かな関係を保つのにどのように役立つか探求するために設計されています。


コースには、健康の専門家もいればそうでない人もいます。ですから我々は、このトレーニングがセラピスト、友人、アーティスト、ビジネスパーソン、自己治癒等、何であっても、あなたが行っていることがより上手くいくために役立つと期待しています。



3.道徳的かつ適切に使うことを約束してください


ここでは、道徳的で適切な方法でのみワークを使用することにコミットしてください。例えば、トランスを不道徳な方法(例えば、ステージ催眠など)には使わないでください。あなたにその適正な能力がある分野で、トレーニングしたワークのみを、倫理的にそして適切に使用するようにしてください。



4.セルフ・コミットメント


あなたにとってベストで可能な方法でトレーニングをする、ということを、あなた自身に対して誠実にコミットすることをお願いします。あなたの大きな影響力についてのことを念頭に置いておいてください。そしてその影響力に対して正直でいてください。ご自身のための時間を取って、自身のプロセスについて責任ある態度でいてください。このコースの素晴らしさの一つは、コミュニティメンバーとの深いつながりです。そしてそれはいつも自分自身とのつながりから始まります。



5.すべての人を尊重してください


コースに参加している他の人たちとの人間関係に関して、礼儀正しくいること、そしてここが個人の深い成長のためのスペースであることを、いつも心に留めておいてください。


あなた自身の、そして他者の境界線や感情的な敏感さに注意深くいてください。あなたの能力の最高の部分と、直接コミュニケーションをとってください。境界線の侵害に気づいたらいつでも運営チームやギリガン博士に相談してください。サポートします。

全12日間

¥616,000(税込)

前期(モジュール1)のみ

■ セミナー日程・お申込 ■

¥472,000(税込)

¥831,600(税込)

【8月31日までの早割価格】

講師

●後期(モジュール2) 6日間

東京都内

前期(モジュール1)と後期(モジュール2)

クレジットカード、銀行振込

【Trance Camp再参加割引】※

日程

¥270,000(税込)

キャンセル規定:

ご入金後のキャンセルは受付けておりません。

前期(モジュール1)と後期(モジュール2)

主催

※過去に開催された下記3つの講座のいずれかに参加された方が対象です。


「ジェネラティブ・コーチング認定コース」

「ヒーローズ・ジャーニー」

「アートオブ・ジェネラティブコーチング」

ワールドクラスパートナーズ株式会社、アラスター・プレンティス

前期(モジュール1)のみ

会場

参加費

2018年3月17日(土)〜3月22日(木)

お支払い方法

【通常価格】

前期(モジュール1)のみ

¥486,000(税込)

備考

前期(モジュール1)と後期(モジュール2)

¥462,000(税込)

スティーブン・ギリガン博士

【特別割引】※

前期(モジュール1)のみ

¥360,000(税込)

※日本語逐次通訳付き

※過去に開催された「Trance Camp」に参加された方が対象です。

Generative Trance

前期(モジュール1)と後期(モジュール2)

●前期(モジュール1) 6日間

¥815,000(税込)

2017年9月16日(土)〜9月21日(木)

↓ ↓ ↓

このチャンスを逃すと

次はいつになるか分かりません。

ギリガン博士から「ジェネラティブ・トランス」の真髄を学び、

よりクライアントへ貢献できる自分へと成長できるこのチャンス。


ぜひ、逃さず手に入れてください。

通常であれば、ギリガン博士から学ぶには

高額の参加費を払って海外に行く必要がありますが

今回は日本での開催です。


また、ギリガン博士は多忙のため、

日本で次に開催するのは何年後になるかわかりません。

下記から参加するコースを選び

申込ボタンをクリックしてください

※過去に開催された下記3つの講座のいずれかに参加された方が対象です。


「ジェネラティブ・コーチング認定コース」

「ヒーローズ・ジャーニー」

「アートオブ・ジェネラティブコーチング」

早割価格でのお申込はこちら《

Trance Camp再参加割引でのお申込はこちら《

特別割引でのお申込はこちら《 

※過去に開催された「Trance Camp」に参加された方が対象です。

1954年生まれ、アメリカ合衆国生。カリフォルニア大学卒業、スタンフォード大学心理学博士、心理療法家。グレゴリー・ベイトソン、ミルトン・H・エリクソンに師事した現代催眠療法の専門家。独自に自己間関係理論、ジェネラティブ・サイコセラピーを展開。仏教、瞑想等への関心が深く、合氣道の実践者でもある。現在は太極拳を中心に修練を積んでいる。


著書多数。邦訳書に『NLPヒーローズ・ジャーニー』(春秋社)、『愛という勇気ー自己間関係理論による精神療法の原理と実践』(言叢社)、『ジェネラティブ・トランス』(春秋社)がある。

IAGC co- founder

心理療法家

スティーブン・ギリガン博士

講師

大森健巳

日本NLP界の創成期を牽引し、20年にわたり日本のNLP指導に携わり、180名以上のNLPトレーナーを輩出。


2003年から2006年までRバンドラーのトレーナーズトレーニングのサポートトレーナーとして同行。クリスティナ・ホール博士のトレーナーズトレーニングでは2003年の開始当初より現在までティーチングアシスタントとしてサポート。


2007年よりスティーブン・ギリガン博士を公式に招聘。


ジョン・C・リリー博士をはじめ、B・オハンロン氏など世界最高峰の先生方の講座を開催。


2011年R・ディルツ氏とS・ギリガン博士が共同創設する国際ジェネラティブチェンジ協会(IAGC-JAPAN)の共同ディレクターに就任、ジェネラティブコーチング認定講座などの啓蒙に務める。

ワールドクラスパートナーズ株式会社 代表取締役

IAGC-Japan Associate Partner

IAGC-Japan co- Director

ジェイ・エイブラハムのマーケティング理論、アンソニー・ロビンズのコーチングスキル、スチュワート・ダイヤモンドの交渉学、さらにブライアン・トレーシー、T.ハーブエッカー等のワールドクラスの講師から得た学びを駆使し、クライアントの短期業績アップに貢献する。


2014年4月に幕張メッセで行われた、セミナーズフェスタ2014では、6000人の集うセミナーの進行(ファシリテーション)を行い、アンソニー・ロビンズと共にセミナーを行い、アンソニー・ロビンズより絶賛される。


同年8月に品川で開催された、アンソニー・ロビンズの公式プログラムである”ウェルスマスタリー”のファシリテーターを務めた唯一の日本人


また、アンソニー・ロビンズ以外にもロバート・キヨサキ(不動産投資)、ブライアン・トレーシー(販売心理学)、ジェイ・エイブラハム(マーケティング)、ジム・ロジャース(世界三大投資家)、トム・ピーターズ(マッキンゼーの巨匠)といったワールドクラスの大物講演家達と一緒の舞台に立ち、ファシリテーションを行っている。

株式会社ホロンPBI 代表取締役

IAGC-Japan co- Director

ミルトン・エリックソン財団インテンシブ・トレーニング、催眠精神療法上級レベルを2004年に修了し、2005年よりスティーブン・ギリガン博士と共にジェネレーティブ催眠療法と自己関係のトレーニングや監督活動を定期的に行ってきた。2007年からは日本におけるスティーブン・ギリガン博士のワークショップやトレーニングをスポンサーし、日本におけるギリガン博士のエリックソン流催眠精神治療やジェネレーティブコーチングのコース指導をアシストしている。


東京のお茶の水女子大学臨床心理学研究生にNLPコミュニケーションスキルや催眠精神療法を指導し、大阪大学院人間科学研究科の宮田敬一教授によって開催されたNLPワークショップを指導した。日本催眠医学心理学会の一員でもあり、NLP手法や催眠精神療法に関するワークショップを学会にて開催した。彼はBrief-Net Japanの一員でもある。


ペルーのアマゾン・シャーマニズムのプラクティスや儀式に深い関心を持っており、意識を変容させ、癒し/学び/変革状態に入る深いトランス状態を手に入れる複雑な技術を学び理解するために旅をしたこともある。彼はこれらの伝統をミルトン・エリクソンの研究(エリクソン自身、シャーマン兼「負傷したヒーラー」と多くの人々に認識されていた)を補完するものであると考えている。アラスタは、これら上級プラクティスは皆すべて、「完全なる人間の意識を覚醒させる呼びかけへの答え」を意図しており、「ジェネラティブ・トランス」をより完全に理解することを可能にし、自身と他者により効果的な変化を促す方法を発見する術であるとみなしている。

主催

金蔵院葉子

アラスター・プレンティス

協力

Q.申込をしたのですが、何もメールが届きません。

Q.チケットはありますか?

よくある質問

A.本セミナーはチケットはございません。受付でお名前をお伝え頂き、ご入場ください。

本セミナーに関するお問い合わせはこちら

ワールドクラスパートナーズ株式会社

お問い合わせ: seminar■■hyper-omori.com (■■を@に変えてお使いください)

Q.予定が変わって行けなくなりました。キャンセルできますか?

A.筆記用具とお水と、脱ぎ着して寒暖を調整できる服装でお越しください。固い雰囲気のセミナーではありませんので、スーツである必要はありません。また、長時間のセミナーになるため動きやすい服装のほうがいいです。会場の座る位置によってはエアコンの影響で寒かったり暑かったりする場合がありますので、ご自身で調整できるような服装でお越し頂くことをおすすめします。

A.ご入金後のキャンセルは承っておりません。座席をどなたかにお譲りいただく形でご対応をお願い致します。

A.迷惑メールフォルダに入っている可能性がありますので、一度ご確認ください。それでも見当たらない場合は、お申込が正常に完了していないかお申込頂いた時のメールアドレスが間違っている可能性がありますので、下記までご連絡ください。

Q.服装や持ち物はどうすればいいですか?