そんなに売れるなんて信じられない!

39ピッチの実績を初めて知った方からは、
何度もこの言葉を言われています。

2017年4月に、 書籍『売れるまでの時間ー残り39秒(きずな出版)』
出版され、おかげさまで本当に多くの方に広く知られるようになりました。

書籍

しかし、この本が世に出る前は、
39ピッチを学ぶことができるのは
数ヶ月に一度開催されるセミナーに限られていました。

なかでも、39ピッチを最も深く学ぶことができるのが
「39ピッチ Ultimate Influence Camp」という合宿形式のセミナー。

これまで2回開催してきたこのセミナーでは、合宿の期間中に
参加者の方に39ピッチを使ってセールスをしてもらいました。

その結果、生まれた売上がこちらです。

2016年7月
写真
フリップチャート



2016年11月
写真
フリップチャート



このように、信じられないような額の売上を、
参加者の方が、自分の商品やサービスを売って作り上げたのです。

(ちなみに、第2回の合宿の様子は『売れるまでの時間ー残り39秒(きずな出版)』に付属のDVDで観ることができます)

この合宿に参加していたのはセールスのプロの方々ばかりではありません。
むしろ、セールスに対して自信が無かったり、売ることに怖さを感じて
しまうような起業家や個人事業主が大半でした。

そんな方達が、この「39ピッチ」を実践することによって、
49億円という途方もない売上を参加者全員で作ってしまったわけです。

なぜ、セールスの初心者でも
「39ピッチ」を使うとすぐに売れてしまうのか?

それは、最先端の研究で分かった「脳のメカニズム」を利用して、
私たちの脳が断れないようなセールストークを作っているからです。

脳の活動を計測する技術の進歩により、脳がどのようなメカニズムで
動いているのかがどんどん解明されています。

その結果、何かを買いたいという気持ちになる前に、
「脳」は買うか買わないかを決めているということが分かっています。


書籍『売れるまでの時間ー残り39秒(きずな出版)』によれば、

私たちが興味あるかどうか、集中し続けるかどうかを決める時間は、
たった8秒だと言われている。

そして、短期記憶は18秒しかもたない。

さらに無意識で決めた決断を、意識的に認識するまでにかかる時間は
7〜10秒かかる。

これらの研究と実践の結果をまとめたのが「39ピッチ」だ。


つまり、

お客様にクロージングする訴求の時間が30秒。
お客様に考えてもらう間の時間が9秒。
合計して39秒。

ということです。


私たちの脳のメカニズムから考えて、
最も売れやすいのがこの「39ピッチ」なのです。

これを裏付ける興味深い話を、ある高名な博士がしています。

長いセールストークでは売れない時代に突入した

スタンフォード大学のフィリップ・ジンバルドー博士によれば、
私たちの脳にある”変化”が起きているそうです。

この”脳の変化”がセールスに大きな影響を与えています。

その変化とは、「待てない」ということです。

知りたい情報があればスマホを取り出して検索すれば素早く
手に入れられるようになった今、私たちの脳は「待つ」ということが
できなくなっているというのです。
(この脳の変化を「デジタル脳」と言います。)

これは現代特有の問題です。

スマホが無かった時代は知りたいことがあっても
すぐに知ることは出来ませんでした。
だから、知りたい情報を得るまで長時間待つということができていました。

しかし、今は待てないのです。

そしてこの変化が、これまでのセールスの常識を大きく変えつつあります。

お客様の”脳”が長い説明に耐えられなくなっている

もちろん、長く話してもお客様は話を聞いてくれるし、
お客様自身も話を聞いているつもりなのですが、
「お客様の脳」があなたの話をシャットアウトしているのです。

だから、あなたは伝えたい事を”短い時間”で”明確に”話す必要があります。
そうしなければ、買ってくれません。

「人は感情で購入を決断し、理屈で正当化する」と言われるように、
お客様に商品を買って頂くためには、短い時間で商品を欲しがらせて
買う理屈を見つけてもらう必要があります。

では、お客様があなたの商品を欲しくなり、
買う理屈を見つけて購入を決断するために、短い時間で何をどう伝えればいいのか?

それをまとめたのが、この「39ピッチ」です。

テンプレートに当てはめるだけで、
あなたの39ピッチができる

作り方はシンプルです。
下記の1〜4の順番に従ってセールストークを作ればいいのです。


【39ピッチのテンプレート】

1.問題(苦悩)を売る
2.ベネフィット(利点)を提示する
3.なぜあなたを選ぶべきなのかを伝える
4.行動を促す

これを39秒にまとめて相手に伝えるだけです。
いたってシンプルですよね。

これが、最先端の脳科学の研究から導き出された、
「脳が断れない」セールスの方程式です。

39ピッチにはセールスの才能や
センスは必要ありません。

セールスの天才のような人から売り方を教えてもらったとしても、
それがそのままあなたにも使えることはほとんどありません。

なぜなら、そういった天才のノウハウには再現性が無いからです。

その人が生まれながらに持っている特殊な能力がある前提でのノウハウなので、
セールスの才能やセンスがある一部の人にしか使えないことがほとんどです。

一方で、この「39ピッチ」は誰でも使うことができます。

テンプレートに従ってあなたの商品を売るための39ピッチを作るだけです。
特定の業界や商品でしか使えないということもありません。

人間の脳のメカニズムに従って作られたものなので、
相手が「人間」であるかぎり、この39ピッチは時代が変わっても有効です。

もちろん、たいして練習もせずにいきなり上手く売れることは滅多にありません。
どんなスキルも練習と失敗を繰り返して身に付けるものだというのは、あなたもお分かりでしょう。

ただし、39ピッチは1回のセールスにかかる時間が「39秒」。ですから、
高速で練習することができるので身に付けるまでの時間も早いので、
すぐに売れるようになりたい方にはもってこいのスキルです。

売れるか売れないか分からない
バクチのようなセールスからの卒業

安定して売れる人と成果が不安定な人の差は何でしょう?

その差がどこから生まれるのかを理解していない限り、
とても不安な毎日を送ることになるでしょう。

売れたり売れなかったりする原因のひとつは、
波がある、ランダムなことをやっているからです。

当たるときもあればはずれるときもある。
いわゆるバクチと同じですね。

それでは売れたり売れなかったりと波がでて当然です。

39ピッチを使うことで、そうした売上の波が無くなります。

決められたフォーマットに従って話すことで、
売れるか売れないか分からない博打のようなセールスから
卒業することができます。

何度でも同じ結果を出すことができるようになるので、
売上が安定し、精神的にも安心した毎日を
送ることができるようになります。

もし一時的に売れなくなったとしても
これがあれば自分で立て直すことができます

それが、「セールスサイクル」による行動管理です。

セールスには下記のようなプロセスがありますが、
これを「セールスサイクル」と言います。


・アプローチ(コール)
・レスポンス(コンタクト)
・アポイントメント
・プレゼンテーション
・クロージング

セールスの各プロセスを見える化することで、
どこに課題を抱えているのかが把握しやすくなり、
売るために必要な行動の修正を素早くとることができるようになります。

特に、起業家や独立して働いている方は、
自己管理してパフォーマンスを出していく必要がありますので、
これは必須のスキルでしょう。

39ピッチには、このセールスサイクルによる
売上管理や行動管理のノウハウも詰まっているので、

起業家や個人事業主、これから独立したいという方はもちろん、
すでにセールスのお仕事をされている方にも必ずお役に立てると
自信を持ってお伝えしています。

脳が断れない無敵のセールスシステム
39ピッチを今すぐ身に付けて、
あなたの商品やサービスを世に広める力を
手に入れませんか?

「39ピッチ」を身につける方法は2つあります。

1つは本で学んで自分で試行錯誤を繰り返しながら学ぶ方法です。

『売れるまでの時間ー残り39秒(きずな出版)』を読んで頂ければ、39ピッチがどういうもので、どんな順番で何を話せば39ピッチになるのかが分かります。

ですから、39ピッチのテンプレートに当てはめて自分で39ピッチを作り、繰り返し練習すれば39ピッチを身につけることができるかもしれません。

しかし、自分一人で練習しても作った39ピッチが本当に合っているのか、選んだ言葉や表現、伝えている内容が正しいのかどうか分からないので、売れるようになるまで時間がかかるでしょう。

できればあなたには、やみくもに時間と労力をムダにして欲しくありません。
ですからオススメなのは2つ目の方法です。

39ピッチを身につける最短ルート

それは、「39ピッチを開発し、実際に売れている人から直接教えてもらうこと」です。

39ピッチのノウハウの全てが本に書かれているわけではありません。
本には決められたページ数があります。

実は『売れるまでの時間ー残り39秒(きずな出版)』の原稿は
もともと3倍の量があったのですが、本になる段階で削られています。

言ってみれば、39ピッチの本はあくまでも入門編。

もちろん本でも十分学びはありますが、
実際の39ピッチがどんな声の調子でどんなボディランゲージを
使っているのかは分かりません。

そこで今回、39ピッチを開発した遠藤博士と大森健巳の2人から
直接学べるワークショップをご用意しました。

あなたの目の前で本物の39ピッチを見ることができるので、
「これが実際に売れる39ピッチなんだ」という確信を持つことができるでしょう。

39ピッチの本を読んで興味を持ったけれど
いまいちどうすればいいのか分からなかったという方は
ぜひこのワークショップを使って
最短の時間で39ピッチを身に付けてください。

わずか4時間で、あなただけの
「39秒で売れるトーク」が手に入る

このワークショップは、39ピッチとは何か?という
知識をお伝えするだけのセミナーではありません。

実際にあなただけの「39ピッチ」をこの場で作り、
明日からすぐに使えるセールストークを持ち帰って頂くためのワークショップです。

このワークショップに参加すれば…


  • あなたの商品やサービスを売るための「あなただけの39ピッチ」を作り上げることができます。(場合によっては、講師2人があなたのピッチを作ったりすることもあります)
  • 人間の4つのタイプと、それぞれのタイプごとに響く言葉の選び方が分かります。
    これを知っておけば、お客様のタイプごとに表現を変えて伝えることができるようになるので、常に相手に刺さる表現で話をすることができます。
  • 売上を30%上げる、セールスのキーフレーズをお伝えします。
    これを言われると、お客様はあなたにお金を払いたくなります。なぜなら、脳が抵抗できずにあなたを信用して買いたくなってしまうからです。
  • 売ることが怖くなくなります。
    39ピッチでセールスをすると、買ってくれるか口コミになるか、のどちらかなので、断られたり嫌われたりする不安から解放されます。
  • セールスすると感謝されるようになります
    セールスとは医者のようなもの。売れば売るほど商品を通じてお客様の悩みや問題を解決することができるので、たくさんのお客様から「ありがとう」と言って頂けるようになります。
  • 自然と商品の口コミが広がっていきます
    この39ピッチのフォーマットを使ってセールスをすると、もしお客様が断るとしても、「私にはいらないけれど、あの人にはいい商品だと思うから紹介したい」と言われて口コミが広がります。
  • 安定して売れるようになります
    売ることが怖くてなかなか上手くセールスが出来ないとしても、マグレで1回か2回売れることもあるでしょう。でも、それでは安心できませんよね?39ピッチで脳のメカニズムという「法則」に従ってセールスできるようになると、いつも安定して売れるようになれます。
  • これまで売れなかった商品が売れるようになります
    売れなかったのは、あなたの説明を聞いてもお客様がピンと来なかったからですよね。欲しいと思わなかった。でも、この39ピッチを使って説明すると、あなたの商品を欲しいと思ってもらうことができるようになります。
  • 将来への不安がなくなります
    もう、どうやって売ったらいいんだろう、と不安になる必要はありません。39ピッチを身に付ければ、例え商品が変わっても、ビジネスが変わっても、あなたの商品を欲しいとお客様に思って頂くことができます。

39ピッチを学んだ方の声をご紹介します

井上様

800万円以上を11分間で売り上げました。

セールスをする際の恐怖心がなくなりました。やっぱり何か否定されるんじゃないかとか、こういうの言われたらどうしようとか、モヤモヤするものがあったんですけど、それが無しにセールスが出来るようになりました。

間違いなく悩んでるくらいだったら来た方がいいです。何でかっていうと、そういう恐怖だったりが取り除かれて売り上げが上がります。僕らも15人で800万円以上を11分間で売り上げるということを可能にしたので、セミナーの料金どころか、それ以上の売り上げを上げる事が出来ます。 (浦地 純也 様)

こんな短い時間でもセールスって出来るんだというところがわかりました。

セールスに対するマインド心構えというのが大きく変わりました。やはりセールスというのは人に貢献する素晴らしい仕事というかスキルというか、それによって多くの人たちに自分が価値を届けられるというのがわかりました。

さらに言うと実際にこのたった2日間、実際には本当に短時間の間に売り上げが上がるという事実を目の当たりにして、こんな短い時間でもセールスって出来るんだというところがわかりました。私自身もっとセールスって時間をかけなければいけないと勝手に思い込んでいた、そんな思いが変わり、短時間でも相手に対して価値を届けるそれができるということを知りました。

もし、売り上げを上げたい、短い時間で人に価値を届けたい、そういう思いがあるのであれば、是非参加するべきだと思います。 (野村 昌平 様)

自分も売れるんだっていう自信がつきました。

私は今までセールスというものをした事がなくて、セールスに対しての恐怖とか苦手意識がありました。しかしこのセミナーに通って、自分も売れるんだっていう自信がつきました。後ですね、その10分間という時間の中で自分も商品を売れたっていう事が、自分の中で本当に自信となりました。

セールスとは怖いもんじゃないよ、と。相手に価値を伝えるものだよ、と。本当に自分の商品を売りたいとか、相手に価値を届けたいという方は是非参加してみてください。私と同じように絶対変われるはずです。 (青木 哲男 様)

セールスに関してすごく抵抗感がなくなりました。

このセミナーを受ける前ではセールスについてすごく抵抗感があって、お金を受け取るということにすごい抵抗があって全然セールスとかっていうのが自分で乗り切れできなかったていうのがあったんですけど、このセミナー受けてからはセールスっていいことなんだと、助けてるんだ、お客さんのことを助けてるんだと、すごく腑に落ちて、セールスに関してすごく抵抗感がなくなって、すごく良くなりました。

僕みたいにセールスを何か迷ってるとか抵抗感があるとか、お金を受け取ることに抵抗がある取れないという人は絶対に来た方がいいと思います。僕も最初はそうでした。

だけど、本当にセールスってすごく人を助けることなんだとすごく腑に落ちたので、そんな人たちは絶対に来た方がいいと思います。 (夏目 蓮 様)

10分間で300万の売り上げを上げる事が出来ました。

一番大きかったのはお金に対する抵抗がなくなりました。そして相手に思うこと自分のことだけではなくて相手が困ったことは何かということだけをフォーカスを当てれるようになりました。

10分間で300万の売り上げが上げる事が出来ました。自分の中で初体験なのでビックリしてます。

是非、売れることに対する困っている人がいらっしゃいましたら、是非受けて欲しいと思います。 (S.T様)

この「39ピッチ」を作り上げた私たちが講師を務めます

Dr.Taka

Dr.taka

2007年アメリカ、フロリダ州マイアミ市にあるカルロスアルビズ大学の臨床心理学博士課程に入学。

法廷(犯罪・法律)専攻を選び、研修課程で殺人犯、傷害犯、強姦犯、薬物依存やマフィア関係者などとの交渉、検査・治療をおこなう傍ら、講義を現場、治療施設、病院、収容所でおこなう。

2009年心理統計学の准教授になり、2年間教鞭を振るう。2010年アメリカ軍士官候補として3年間の訓練を経て、2013年博士課程を修了。

治療センターでは全ドクター中過去最高の患者完治率を記録し、ベスト・スタッフ賞を授与。ベスト・セラピストにノミネートされる。

2015年日本に帰国後、「決断の科学」(ニューロマーケティング)を取り入れた法人への指導及び、講演会を国際的におこなうようになる。

心理学と統計学の権威であり、最先端の教育科学、脳科学を元に講演会を構築し、「もっともわかりやすく、自然に技術を使えるように指導できる人物」として知られる。

大森健巳

大森健巳

ワールドクラスパートナーズ株式会社
代表取締役
アンソニー・ロビンズ プラチナパートナー

アンソニー・ロビンズのコーチングスキル、ジェイ・エイブラハムのマーケティング理論、スチュアート・ダイアモンドの交渉学、さらにブライアン・トレーシー、T.ハーブエッカー等のワールドクラスの講師から得た学びを駆使し、クライアントの短期業績アップに貢献する。

2014年4月に幕張メッセでおこなわれた「セミナーズフェスタ2014」では、6000人の集うセミナーの進行(ファシリテーション)を務め、アンソニー・ロビンズと共にセミナーをおこない、同氏より絶賛される。

同年に品川で開催された、アンソニー・ロビンズの公式プログラムである"ウェルスマスタリー"のファシリテーターを務めた唯一の日本人。

また、アンソニー・ロビンズ以外にもロバート・キヨサキ(不動産投資)、ブライアン・トレーシー(販売心理学)、ジェイ・エイブラハム(マーケティング)、ジム・ロジャース(世界三大投資家)、トム・ピーターズ(マッキンゼーの巨匠)といったワールドクラスの大物講演家たちと一緒の舞台に立ち、ファシリテーションをおこなっている。

政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々に指導をおこなう、インターナショナル・スピーカーとして活躍中。

ワークショップの概要をまとめます


39ピッチ実践ワークショップ

日程:
【10月開催】2017年10月12日(木) 14:00〜18:00 
【11月開催】2017年11月11日(土) 14:00〜18:00 

講師:遠藤K.貴則博士、大森健巳 ※10月12日の講師は大森のみとなります
定員:20名限定
開催場所:新宿近辺(お申込者様にお伝えします)
主催:ワールドクラスパートナーズ株式会社
注意事項:ご入金後のキャンセルは承っておりません。


この貴重なチャンスにあなたは
ほんのわずかな金額で参加することができます。

このワークショップに参加するのに一体いくら必要なのか、
気になっているかもしれませんので、参加費についてお話します。

「人にモノを売るスキル」という一生使える技術は
あなたにとってどれくらいの価値があるでしょうか?

このスキルがあれば、
「万が一何かあっても、自分は売れるから大丈夫だ」という
自信が付くので、お金の悩みからは一生解放されます。

しかも39ピッチを使えばお客様から感謝されるので、
まわりの方に貢献しながら毎日充実した人生を過ごすことができます。
そんな一生もののスキルが手に入るのです。

実績も本物です。

先程ご紹介したお客様の声でもあったように、
ここで学んだ39ピッチのノウハウを使って、
セミナーの中で300万円や800万円を実際に売ってしまう人がいます。

さらには、3日から4日の合宿形式のセミナーの場合は
6600万円や49億円というケタ違いの売上を実際に作ってきました。
(これらは全て、お客様自身で自社の商品やサービスを売った結果です)

ですから、参加費が仮に100万円だったとしても、
それ以上に元が取れてしまう可能性は十分にあります。

遠藤博士と大森健巳の2名から直接39ピッチを学ぶことができる機会は、
今のところこれ以外にはありません。

ですから、今回のワークショップの参加費は55,000円とさせて頂きました。

あなたがどんな商品やサービスを売っているか分かりませんが、
このワークショップで作った39ピッチをすぐに使ってみれば、
あっという間に参加費はペイするでしょう。
(なぜなら、あなたは「売れる39ピッチ」を持ち帰ることができるからです。)

こんなに投資対効果のよいお金の使い道が他にあるでしょうか?

さらに、39ピッチの書籍発売を記念して
特別価格を用意しました。

正直、55,000円でも十分安いものだと思っていますが、
今こそ39ピッチを本気で学んで身につけたいという方のために、
参加費は、9,800円とさせて頂きました。

39ピッチの書籍が2017年4月に発売され、
たくさんの方が新たに39ピッチを知って頂いているタイミングですので、
よりご参加しやすいように特別プレゼント価格です。

ただし、会場の都合上、お席に限りがあります。

また、このワークショップはいつまで開催を続けるか分かりません。

もし、39ピッチをお伝えするのにこのワークショップが
適していないと判断した場合は、開催をストップするかもしれません。

もし少しでも興味があれば後回しにせず、早めに参加されることをおすすめします。


お申込みはコチラをクリック
お申込みはコチラをクリック

39ピッチをてっとり早く身に付けるのに、
これ以上の環境はありません

最近はオンライン講座でコンテンツを提供するのが
主流のようになってきています。

39ピッチも「オンライン講座にして提供したらどうだろう?」と
検討したことはあります。しかし、その案はすぐに却下されました。

確かに、39ピッチをオンライン講座にすれば日本全国、
いや世界中の方にコンテンツを届けることができますし、
ビジネス的にもコストがかからず売上を効率良く上げることができます。

しかし、それでは39ピッチが単なる「売れるセールステクニック」
として広まってしまうのではないかと考えたのです。

39ピッチはもちろんセールスの手法のひとつではあります。

ありますが、その土台には
「セールスを通じて価値を提供し、人を助ける」という思いやりがあります。

それをないがしろにして、
「とにかく売れれば何でもいい」という方には
この39ピッチを使ってほしくはありません。

ワークショップのように対面で提供させて頂く場合は、
日程が合わないとか開催地が遠くて行けないといったことで、
ご参加頂ける方が限定されてしまうデメリットがあります。
セミナー会場やスタッフの人件費といったコストもかかります。

しかし、39ピッチを単なるうわべのテクニックとしてではなく、
本来の目的である、人を助けるツールとして使って頂くためには、
直接お会いしてお伝えさせて頂くのが一番だという結論に至ったのです。

そして、ワークショップという直接お会いできる場
でしか伝えられないものがあります。

それは、講師が39ピッチを実演するときに伝えたい、
ちょっとした言い方だったり、かもしだす雰囲気だったり、
微妙な間(ま)といったもの。

そうした、対面でないと伝えづらいもの、
存在感、磁力。そういったものを体験して欲しいと思っています。

そのため、講師が対応できる人数に限りが出てしまいますが、
あなたに最大の成果をお持ち帰り頂くためのものです。

お席が無くなり次第、受付は終了となりますのでご了承ください。

遠藤博士と大森があなたに全力でお伝えしますので、
ぜひその迫力に触れてください。


お申込みはコチラをクリック
お申込みはコチラをクリック

「セールスとは助けることである。」

最後に、『売れるまでの時間ー残り39秒(きずな出版)』から
遠藤博士の言葉をご紹介します。

「セールスとは助けることである」


私が常に心に留めている言葉だ。

セールス時、私は「助ける」と決めたならば失敗したことがない。

経験、技術は関係なく、最後は売れると思っているか思っていないか。その深層心理はどれくらいの人たちを助けたいかである。

人を助けるのを恐れず、喜び、楽しんでいただきたい。その旅路に「39ピッチ」が使われるなら幸いである。


遠藤 K.貴則

よくある質問にお答えします

Q.予定が変わって行けなくなりました。キャンセルできますか?
A.ご入金後のキャンセルは承っておりません。

Q.服装や持ち物はどうすればいいですか?
A.筆記用具とお水と、脱ぎ着して寒暖を調整できる服装でお越しください。

固い雰囲気のセミナーではありませんので、スーツである必要はありません。また、半日のセミナーになるため動きやすい服装のほうがいいです。会場の座る位置によってはエアコンの影響で寒かったり暑かったりする場合がありますので、ご自身で調整できるような服装でお越し頂くことをおすすめします。

Q.途中の入退室はできますか?
A.可能です。

適宜休憩はもうけますが、ご自身のペースに合わせてトイレにいったり、休憩をとって頂いて構いません。

Q.申込をしたのですが、何もメールが届きません。
A.迷惑メールフォルダに入っている可能性がありますので、一度ご確認ください。

それでも見当たらない場合は、お申込が正常に完了していないかお申込頂いた時のメールアドレスが間違っている可能性がありますので、下記までご連絡ください。

「39ピッチ実践ワークショップ」に関するお問い合わせはこちら
ワールドクラスパートナーズ株式会社
お問い合わせ: seminar■■hyper-omori.com (■■を@に変えてお使いください)